結婚するにあたって大切な価値観とは

お互いに育った環境が全く違う二人が出会って結婚をしていくわけですから、当然さまざまな価値観の違いがトラブルの元になることも多いようです。価値観がぴったり合っている相手に出会うことはほぼ奇跡に近いはずです。大まかな価値観が同じだとしても細かい価値観はそれぞれ違うことは十分に考えられるはずなのです。

 

我が家の場合は、金銭感覚という結婚生活においてもっとも大事な価値観は全く同じなので、この点ではスムーズにことが進んでいる感じです。ですが子供の教育に関する価値観が全く違っていたのには驚きました。

 

結婚する前には、子供の教育のことまで当然考えることはありませんでしたから、相手の教育に対する価値観を前もって知ることはできなかったのです。

 

夫の考え方は、子供の教育は小学校から大学まですべて公立で良いというものでした。ですが私は小学校から私立できめ細かい指導を受けた方が良いというもので、教育にはお金をたっぷりかけて然るべしという価値観が、まさに夫とは180度違っていたのです。
結婚16
このように金銭感覚の価値観の中に、さらに細分化された価値観が詰まっているので、価値観の一致というのはなかなか複雑であることがわかると思います。

 

結婚生活でもっとも大切な経済観念の価値観がこの先何十年もうまくやっていける条件になると思います。お金の価値観の相違はその人の両親の価値観をそのまま受け継いでいる場合が多いので一旦獲得した価値観はほぼ一生変えることはできないでしょう。
結婚15
結婚生活を送っていく上でお金は最初から最後まで付いて回る問題だからこそ、お金の価値観にズレがあると間違いなく離婚へと繋がっていくのではと感じています。実際に大学時代の友人3人がお金の価値観が違う夫との離婚をしているので、結婚生活ではかなりの比重を占めている価値観トラブルなのだと思います。